犬たちの留守番の寂しさのフォローの仕方

留守番中に飼い主が帰宅すると、犬たちは大喜びをして、興奮が収まらなくなるような事もあるようです。


このような反応を示す時に、同じように飼い主側も喜びを笑わすように、大きな声で名前を読んだり、オーバーアクションをしながらボディタッチする事は、犬たちへのコミュニケーションとしては、避けるべきであると考えられています。


長い留守番から、飼い主が帰宅したような場合は、興奮する犬の様子を伺いながら、落ち着いて平常心を取り戻したところで、冷静に声をかけるようにしましょう。


留守番は、日常的なもので特別ではないといった当たり前の出来ごとであることに慣れさせるような素振りをみせてあげる必要があります。


留守中の寂しさを労わるように、オーバーアクション気味に、犬たちを労わる事は、返って留守番中の寂しさを強調してしまうというような判断をする人々もいます。
留守番は、特別な事ではなく、日常に起る当たり前の事だというような気づきを促してあげましょう。