問題行動/疾患

犬たちの問題行動は、社会性の不足であると考えられています。問題行動には、噛む、吠える、排泄など様々な問題点ありますが、場合によっては、病気や怪我が問題行動の原因である事もあるようです。

愛犬に病気や怪我がある事は、日常的に生活をともにしている飼い主にとっても時には、見定めが困難な事もありますので、愛犬の問題行動がみられた場合は、一度、病院の受診を考える必要があるようです。

表面上には分かりづらい病気や怪我が原因となって、その痛みや炎症が、犬たちの攻撃性や問題行動をおこさせているようなケースも珍しくはないようです。

そのような場合は、治療とともに問題とされる行動も解消されますが、そのような疾患に、飼い主が気づかないまま、犬たちにしつけやマナーを教え込んだとしても、愛犬の負担を強いることとなり、早期治療を受けられない事で、手当が送れてしまい、疾患の症状を悪化させてしまう事に繋がってしまうようなケースもあるようです。

犬がいる生活の勧め。行動から読み解き愛犬と暮らす のホームへ